飼い犬が水を飲まない!困ったときの対策を原因別で紹介

かわいい飼い犬が水を飲まなくなってしまったら、飼い主はとても心配になるでしょう。ここでは、水を飲まない愛犬に困っている飼い主のために、原因別に対策方法をご紹介していきます。

かわいい飼い犬が水を飲まなくなってしまったら、飼い主はとても心配になるでしょう。ここでは、水を飲まない愛犬に困っている飼い主のために、原因別に対策方法をご紹介していきます。

CONTENT
具合悪そうな犬

普段の生活の中で突然、犬が水を飲まないようになってしまった。

昨日まではたっぷりと水を飲んでいたのに急に水を全く飲まない、水を飲む量がかなり減っている、水を飲む回数が少なくなっているなど変化があると何か原因があるのではないかと不安になります。

また飼い主から見ても、いつもと違って明らかに元気がない、体調悪そうに唸っているなどの異変を感じるようであれば、なるべく早く動物病院に連れて行く必要があります。しかし普段とあまり変わった様子はなく、ただ水を飲まないという状態であれば病気にかかっているに違いないと断定する必要はありません。ただし水を飲まないことで、病気が起こりやすくなる可能性もあるのです。

必要な水分量は犬によって異なる

蛇口から水を飲む犬

そもそも犬はどれくらいの水分量が必要になるのでしょうか。犬の体の60%は水分でできているといっても過言ではありません。そのうち20%を失うと命の危険もあると言われているぐらい重要な存在です。そのため健康に生きていくためにも犬が自発的に水をしっかりと飲んでいくことが重要となります。 しかし、実際のところ、どの程度の水分量が必要かは犬の体重によって異なってきます。

環境省がだしている飼い主のためのペットフードガイドラインによると下記の水分量が基準となっています。

  • 2kg/190ml
  • 3kg/260ml
  • 4kg/320ml
  • 5kg/370ml
  • 6kg/430ml
  • 7kg/480ml
  • 8kg/530ml
  • 9kg/580ml
  • 10kg/630ml
  • 15kg/850ml
  • 20kg/1060ml
  • 25kg/1250ml
  • 30kg/1440ml
  • 35kg/1610ml

水を飲まない犬の水分量をどのように管理すればよいかわからないという方にはペットボトルがおすすめです。ペットボトルは500mlとなっているので水分量を調整する目安として使うとわかりやすいでしょう。

水の飲み方で体調変化を察知

脱水症状の犬

特に暑い日はこまめに水分を与えておかないと犬によっては脱水症状や熱中症になりやすくなってしまいますので注意が必要になるでしょう。

しかし反対に水を多く飲むようになったとしても注意が必要になります。

水をたくさん飲むようになったとしたら糖尿病や腎不全、膀胱炎、子宮蓄膿症、尿石症、クッシング症候群などが原因である可能性があります。

どちらにして水を飲むという行為は最低限、動物が生きていくためには必要なことになります。どう見ても水を飲まないという場合は原因を把握できるように飼い主ができる範囲で管理してあげることが重要です。

水分量の充足度チェック方法

犬が水を飲んでいるのか、あるいは飲んでいないのか、よくわからないという場合、体の様子から確認することができます。

おしっこ

一番わかりやすいのは犬のおしっこの色になります。

健康で水分量が足りている犬のおしっこは淡い黄色になりますが逆におしっこの色が濃いめの色である場合は、必要とする水分量が十分でないということになります。

目のまわり
水分が不足していると目のまわりが変化してきます。目のまわりが青白くなっている、あるいはくぼんだ感じにも見えます。
歯茎
歯茎を観察することでも判断できます。指で白くなるまでゆっくり押して、すぐピンク色に戻れば問題ありません。しかし、ピンク色に戻るまでにかなりの時間がかかってしまう場合は水分を必要としているサインであると言えるでしょう。
皮膚

皮膚の状態でも水分不足がわかります。

たるんでいる肩の皮膚を掴んで持ち上げて、すぐに離してみてください。皮膚がすぐ元に戻らない場合は、脱水症状の状態であると判断することができます。

水を飲まない原因

では犬が水を飲まない原因にはどういったことがあるのでしょうか。

高齢

まず考えられるのは高齢になっているといった場合です。

自然と動くのが億劫になったり、寝ている時間が多くなったりすることが原因で、どうしても水を飲む量は減ってしまいます。また高齢になると新陳代謝が落ちるので発汗量や尿量が減ることが原因となって摂取する水分量も減ってしまいます。

体調不良

心配なのは、体に異常がある場合です。

どこかしらの痛みがあって、その痛みによる苦痛が原因で水を飲まないといったことにつながっていることもあります。

座ることも痛みのために難しいといった場合は自然と水を飲まないようになってしまいます。

そのため、このようなケースが原因であれば水を飲むという行為自体ができないようになってしまっているので明らかに水を飲まない、水を飲む姿に違和感があるなどの変化があるでしょう。

あまりに辛そうで動けない場合の対策としては寝床の近くに水飲み場を作ってあげる、水を持って行って意識的に飲ませてあげることもできます。しかしずっと犬が痛がっているようであれば、まずは動物病院にいって診てもらう必要があるでしょう。

運動不足

散歩に連れて行かなかったりして運動量が少ないと、発汗量も少なくなることが原因となって、飲む水の量が少なくなります。

特に雨などで散歩に行くことができず普段より短めの散歩になってしまうことで急に水を飲まないようになってしまうことがあります。

季節の変化

真夏の暑い時期は自然の流れで水を飲む量は増えていきますが、徐々に過ごしやすい季節になるにつれ自然なペースで水を飲む量が少なくなります。

しつけの結果

基本的に室内飼いされている犬の場合だと排泄を我慢するといったケースもあります。過去に家で排泄してしまったことで飼い主に怒られてしまった経験があることが原因となって、家で排泄してしまうとまた怒られてしまうと不安に思ってしまっていることがあります。

それが原因で決められたルールを守らないといけないといった律儀な性格の犬は、排泄したいタイミングが家にいる時間になってしまわないように自分で水の量を調整してしまうことがあります。

この場合の対策としてはストレスにならないように散歩にいく時間を少し増やしてあげることで解決できます。

食事で水分摂取できている

そもそも食べ物から水分を取っているから水を飲む必要があまりないこともあります。飼い主が与えている食べ物によりますが水分量の多いドッグフードまたは飼い主がオリジナルで作っている果物などを取り入れたお手製のドッグフードの場合は結果的に水を飲まなくてもよいという状態になっていることがあります。

またドッグフードからウェットフードに変えている場合もご飯から水分を摂取できているといったことが原因となって、そこまで水を必要としないといったことも考えられます。

水分不足が引き起こす病気

では、水を飲まないことでどのような病気を引き起こしやすくなるのでしょうか。

膀胱炎

第一に考えられる病気として犬が水を飲まないと膀胱炎の原因になります。おしっこを無理に我慢したり、水分不足が続いたりすると、それが原因となって、排尿そのものが起こらずに体外に尿として細菌を排出ことができなくなってしまうケースがあります。

膀胱内にとどまってしまうことが原因で細菌たちは繁殖増殖を繰り返して徐々に増え、やがて膀胱の粘膜が細菌感染を起こし、膀胱炎になってしまいます。

犬が水を飲まないと、このような体内の余分な水分量が減ってしまうため膀胱炎を引き起こしやすいといった原因になります。

膀胱結石、尿道閉塞

膀胱結石にも注意が必要です。一般的には犬にできる結石の多くは膀胱内となります。膀胱結石は、持続的な膀胱出血の原因となり、小さくなった結石が尿道を塞いでしまう尿道閉塞となってしまう危険もあります。

尿道閉塞の恐ろしいところは、本来の力で排尿をすることができなくなるのが原因となって毒素や老廃物を体内から尿中に排泄できなくなったり、ひどい場合には膀胱が破裂したりといった危険な状況になる可能性があります。

便秘

人間でも水を飲まないことが原因で便秘になりやすくなるように犬の場合でも便秘になってしまうといったリスクがあります。慢性的な便秘になってしまうと犬が腹痛を起こして苦しんでしまう原因になります。

脱水症状

脱水症状にも注意が必要です。犬が脱水症状になると目に元気がなくなってしまったり、ふらふらしていたり、目やにがたくさん出ているといったときは脱水症状であると考えられます。特に真夏の暑い日に水を飲まない状態が続いてしまうようであれば早急な対策が必要です。

皮膚病

水を飲まないことは皮膚の病気の原因にもなりえます。水を飲まないことが原因で皮膚の水分量が減ってしまい、それによりダニや細菌が犬の肌に繁殖しやすくなり最終的に皮膚病になってしまいやすくなります。

腎臓病

腎臓の病気にも要注意です。どうしても水を飲まない状態が続いてしまうとそれが原因となって犬の腎臓が老廃物をおしっことして出すことに負担がかかってしまうので腎臓が通常通り機能しなくなる可能性がでてくると言われています。

水分不足を防ぐためには

慢性的に水を飲まない状態が続くことが原因で脱水状態になってしまうようであれば何かしらの対策を考えないといけません。

エサに水を加えてみる

水を飲まない犬の対策としてはドライフードを与えているようであれば水を入れることでドッグフードをふやかすことができます。

ただし、エサにも興味がない犬の場合だと他の対策が必要になります。水は飲まないけどエサはもりもりと食べてくれる犬であればエサをふやかして食べてもらうことで適切な水分量へともっていくことができるでしょう。

人間の残飯をアレンジ

家庭のご飯の残り物をアレンジするという方法もあります。ご家庭によっては犬がドッグフードよりも一緒に住んでいる人たちが食べるご飯を好むため飼い主がついつい食事中に犬が喜ぶような食べやすいご飯を与えてしまうというケースもあるでしょう。

特に茹でた鶏肉やポテトサラダになる前のような茹でた野菜を好んで食べるといった犬もいますので茹でた鶏肉と共に水を飲まない犬の配慮として水分をたくさんとれるように鶏肉スープや野菜スープとしてアレンジして与えてみるといった方法もあります。またそのときにでた煮汁をドッグフードにかけてふやかしてあげるといった方法でも効果的です。

与える水にひと工夫

上記以外に有効な対策としては、水をアレンジすることです。人間が水に飽きて、たまにジュースをおいしいと思って飲むように犬の水も少し変化をつけてあげると喜んで飲む場合があります。犬の好みによって牛乳を少し加えてあげた水にしたり、ヨーグルトを加えてみたりしてもよいでしょう。

また果汁と水をまぜて香りをつけてあげると興味を示して水を飲むきっかけとなることがあります。

容器を変えてみる
水の入れ物を変えるといった対策も有効となる場合があります。こだわりの強い犬の場合は水を入れる容器が汚かったり、容器の高さと犬が水を飲むときの姿勢のバランスが合わずに水を飲むことが難しくなってしまったりすることが原因で水を飲まないといった理由になっているかもしれません。その場合は容器の底がなるべく浅いものに変えてあげることで解決できます。
水を清潔に保つ
どうしても犬がエサを食べて水を飲むといった行為を繰り返し行うことで水を入れる容器にもドッグフードやその他の食べカスなどが水を飲む容器に散ってしまいます。そして、その食べカスが浮かんで見えることで、さらに飲み水を汚く見せてしまっていることがあります。それなので、常時きれいな水に交換して与えるように注意してあげることが対策につながります。
水を上質なものにする
そもそも水道水が嫌いだという犬がいます。地方から都心へ移った人たちが水の味が違うように感じるとでもいうように犬にとっても水道水のカルキ臭が自然の水の味とは違うように感じ苦手だと思ってしまうことがあります。

そういった場合は与えてあげる水をできるだけナチュラルな新鮮なものに変更してあげてみることが対策となります。やはり、おいしい水をあげる と犬の味覚もわかっているので今まで心配していたことが嘘であるかのようにグビグビとたくさん水を飲み始めてしまうことがあります。

最近では犬のためにウォーターサーバーを取り入れているご家庭もあるようです。ウォーターサーバーの成分が水を飲まない犬にあっているといったことや、水道水とちがって新鮮な水で臭みもないことから犬が積極的に水を飲むようになったということもあります。まずはウォーターサーバーを使ってみるといったことも対策となるでしょう。

安心して水を飲んでもらうには

常に新鮮なお水をお唯しましょう。

注意してほしい点としては人間でも飲みたい時に水が飲めるのと同じように、犬でも常に水が飲めるような環境を作ってあげることが大切です。特に散歩にいったあとの新鮮な水であれば犬もスムーズに飲んでくれることが多いです。また暑い夏などの散歩が終わって、犬が暑くてかわいそうだからといってキンキンに冷えた水を与えないように気をつけてください。

犬に水を与える場合は常温の水がベストです。なぜなら10度以下の水になるとお腹を冷やしてしまい、体調を崩す原因になりやすいからです。そのため犬の体調不良をさけるべく対策としては常に常温の新鮮な水を与えてあげるように心がけるようにしましょう。

CoolQoo(クールクー)は水道直結型のウォーターサーバーです。

従来のウォーターサーバーは水道水をフィルターでろ過し、ボトルに充填して宅配するのが一般的ですが、CoolQooは自宅の水道に直結させることができるので費用が安くすみます。

まさに、自宅にろ過工場を作ってしまうイメージです。さらにボトルを運んで設置したり、空き容器を回収してもらったりする手間も必要ありません。とても便利な製品だと言えます。

人間同様に愛犬にとって水分は必須のもの。飲むだけでなく料理に使ったりさまざまな場面で使われます。安心で安全な水がすぐに使えたら便利ですよね。

本体のリース料のみで簡単に使えるCoolQooは、ウォーターサーバーの中でも特におすすめです。

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。

最新記事

PAGE TOP