かわいい飼い犬が水を飲まなくなってしまったら、飼い主としては病気などが心配になるかもしれませんが、実は水そのものや水を与えている器に問題がある可能性があります。ここで詳しく解説するともに、解決策をご提案します。

かわいい飼い犬が水を飲まなくなってしまったら、飼い主としては病気などが心配になるかもしれませんが、実は水そのものや水を与えている器に問題がある可能性があります。ここで詳しく解説するともに、解決策をご提案します。

CONTENT

おいしくない!飲みづらい!飼い犬が水を飲まないのは水や容器が原因?

犬が水を飲まなくなった場合、水や容器そのものに原因があると指摘されることがあります。いったい、水や容器のどこに原因があるのでしょうか。ここでくわしくご紹介します。

水と容器に潜む原因とは?

水を飲む子犬

犬が急に水を飲まないようになってしまう原因として水が新鮮ではない、水が汚染されている、食器が気に入らないなどの問題があり水を飲まないようになってしまうことがあります。人間とは違い犬の嗅覚は鋭敏になっていてどのような匂いも察知することができることに理由があるようです。

容器にはどんな原因があるのか
神経質な犬の場合、水を入れる容器が汚れていたり、その臭いが嫌いだったりするだけで水を飲まないようになっていることがあります。また水を入れる容器の底が深すぎて水を飲みにくくなっている場合や犬が水を飲みにくいと感じてしまう場所に置いてあると、どうしても水を飲まないようになってしまう原因となってしまいます。逆に飼い主にとっては思いやりとして、きれいな食器にして水を与えたとしても野生の本能として警戒心が強く出てしまい水を飲むのを嫌がることがあります。

犬が水を飲むタイミングで躊躇している、あるいは難しそうに水を飲んでいるようであれば取り替えて快適に水が飲めるように工夫してあげる必要があります。

ベストな容器とは

水を飲む食器としては丈夫で汚れや傷も付きにくいステンレスタイプや安価でどこでも手に入るようになったプラスチックタイプ、取扱に注意すれば長く使えるし汚れも落ちやすく餌などをレンジで温めることができる陶器のタイプがあります。

犬が食器を嫌がるようであればこのような種類のタイプをそれぞれ使ってみるとよいでしょう。また匂いにとにかく敏感であればステンレスか陶器の食器がおすすめです。プラスチックの匂いがダメだという犬の場合はステンレスと陶器タイプの食器であれば全く問題ないでしょう。

容器ではなく水が原因だとしたら

水道直結型ウォーターサーバーCOOLQoo 水を飲まないのは食器が原因ではなく、そもそも水の臭いが気に入らないという場合があります。特に水道水のカルキ臭が自然の水の匂いや味と違うように感じ、犬が嫌がっている可能性があります。

根本的な対策とはなりませんが、応急的な処置として、水に少量の果汁やミルク、ヨーグルト、肉や野菜のゆで汁を入れて香りづけをすると、たくさん水をほしがり飲んでくれるようになることがあります。

ですが、根本的な原因である水について見直さないことには、問題は解決しません。家庭にウォーターサーバーを導入するなど、対策を考える必要があるでしょう。

まとめ

愛犬が水を飲まなくなってしまったら、水や容器の原因を疑ってみるべきかもしれません。容器が原因なら、問題に応じて新しいものを購入すれば解決できるはずです。しかし、水が原因の場合は、与える水そのものを見直さなければなりません。

PAGE TOP