かわいい飼い犬が水を飲まないときに飼い主は何ができるのでしょうか。水分をとらせるために飼い主にできる対策について、普段の飲み水や食事にひと手間加えるだけの簡単な対策方法から説明していきます。

かわいい飼い犬が水を飲まないときに飼い主は何ができるのでしょうか。水分をとらせるために飼い主にできる対策について、普段の飲み水や食事にひと手間加えるだけの簡単な対策方法から説明していきます。

CONTENT

飼い犬が水を飲まないときの対処方法って?家族にできる方法をご紹介

愛犬が水を飲んでくれないとき、家族にはどのような対策をとることができるのでしょうか。いつも与えているフードに水を含ませる、犬専用のミルクを与えるなど、実践できる方法がありますのでご紹介します。

お水にひと工夫する

香りづけをする
どうにかして水を飲まない犬に水を与えることができないかと考えたときにまずできることは、お水に少し香りをつけてあげることです。水を飲まないとしても果物を好んで食べるようであれば果物の果汁を加えてみるとよいでしょう。
乳製品を加える
乳製品を少し加えてあげることで水に変化が出て水を飲まない犬も興味を示し、勢いよく水を飲み始めることがあります。
犬専用のミルクを与える
犬専用のミルクが市販で売っていますのであげてみるのも効果的でしょう。しかし必ず専用の市販のミルクを与えるようにしてください。人間と同じように牛乳は飲ませてよいはずだと思って与えると逆に下痢になってしまって体内の水分が不足してしまう可能性があります。

フードにひと工夫する

ドライフードに水やぬるま湯をかける

肉の塊

そして水を飲まない対策としておすすめの方法は、ドライフードに水またはぬるま湯をかける方法です。エサをふやかすことにより食事をするだけで水分も一緒に摂取することができます。 ぬるま湯であれば食べ物の香りが増し、食器に残った白湯も残さず食べることができるはずです。ただしこの方法はドッグフードを好んでたくさん食べる犬に限ります。

また、熱湯を入れてふやかす際は、冷めてから与えるようにしてあげてください。熱くなったまま与えてしまうと犬が勢いよく食べてしまった際に火傷を負ってしまうことがあるので要注意です。

魚や肉のゆで汁を使ってみる

ドライフード

水を入れた容器に、魚や肉のゆで汁を垂らしてあげると、急によく水を飲むようになるといったケースがあります。犬は匂いに敏感で自分の好物の食べ物がわかっているので、水に自分の好物の匂いと味が加わることで水が好物に思え、水をよく飲み始めてくれるきっかけとなるでしょう。

しかし、魚や肉のゆで汁には脂質が含まれているので、たくさん垂らしすぎないように調整する必要があります。

犬専用の水飲み機で水を与えてみる

虫眼鏡で覗いている犬

面白い作戦がペット用品売り場などで販売されている 犬専用に流れる水飲み機にしてみることです。場合によっては流れている水に興味を示して水を飲むのが楽しく感じるようになる犬もいるようです。

まとめ

水を飲んでくれない愛犬のために、家族にもできることがたくさんあります。お水やフードをにひと工夫することによって、水を飲んでくれる可能性もあるでしょう。

最新記事

PAGE TOP