愛犬が水を飲まなくなると心配になってしまうでしょうが、実は食べ物から多分に水分を摂取している可能世もあるのです。ここでは、その可能性について、どのようなことが考えられるのかみていきます。

愛犬が水を飲まなくなると心配になってしまうでしょうが、実は食べ物から多分に水分を摂取している可能世もあるのです。ここでは、その可能性について、どのようなことが考えられるのかみていきます。

CONTENT

飼い犬が水を飲まなくなったのは食べ物の水分が原因かも!その理由とは?

水を飲むチワワ

食べ物にも水分は含まれています。ドックフードだと乾燥しているようにみえますが、それでも犬が食事から水分を摂取していることに違いはありません。もしかしたら、食事から摂取している水分が原因で、水を飲まなくなっているかもしれません。もしも、愛犬が水を飲まなくなって心配をしているのなら、この可能性も疑ってみた方がいいでしょう。

ハンドメイドのごはんやウェットタイプのフードが原因にも

家庭で作っている犬用のご飯やウェットタイプのフードを多く与えている、あるいはおやつに犬が好物としている野菜や果物を多く与えていることが原因となり食事でとる水分が多い場合は水を飲まないことがあります。また、おやつの時間に頻繁に食べ物をほしがることが原因で、水分の多い物を与えすぎている場合も、飲む水の量が少なくなります。

ウェットフードと水分の関係

ドライタイプのドッグフード

今までドライフードを与えていたのに、水分を多く含むようなドッグフードに変えると、急に水を飲まないようになることがあり、飼い主としては心配になってしまいますが、犬が元気であればさほど心配する必要はないでしょう。

ドライタイプのドッグフードと違ってウェットタイプは水分含量が多いのですが、一部のフードでは添加物、保存料が使用されている、あるいはそのものの栄養が偏っているケースがあります。また柔らかいので噛む力が必要ではなくなるため与えすぎにも注意してあげたほうがよいでしょう。

脱水症状に陥りやすい夏場や、冬など乾燥する時期には、水を飲まないような場合に効果的な手段ですが、栄養バランスに気をつける必要があります。犬は、肉食に近い雑食動物です。人間も雑食なので、体に必要な栄養素のバランスは人とそれほど変わりません。犬の食事の理想のバランスは、人間の食事に対していくらか肉類を多くしたものがベストだといえるでしょう。

ハンドメイドメニューのポイント

色鮮やかな食材

家庭で作るお手製のご飯は、肉魚介類、穀類、野菜をだいたい同じ分量にして選びます。海藻類、果物、乾物類なども取り入れることがより理想的です。

また水を飲まないようであれば、犬が好んで食べるものを少し多めにいれたスープのようなものに調整してあげることで水を飲まないという問題は解決されるでしょう。ただし、過熱した鶏の骨やネギ類、香辛料などは入れないように注意する必要があります。また犬用のご飯に味付けはなくて大丈夫です。

まとめ

愛犬が水を飲まなくなってしまった場合、もしかしたら食べ物から水分を摂取している可能性があります。とくにウェットタイプのフードや家庭で作っている食事を与えている場合は可能性が高いでしょう。食べ物から水分を補給することも必要ではありますが、健康のためにはきちんとした水分補給が必要でしょう。

PAGE TOP